年相応のものを身に着ける事の大切さとは!?

ゲッターズ飯田さんの言葉で、年相応のものを身に付けるべきだという言葉があります。

ビジネスの世界では特に、人は見た目で判断される事になります。

見た目一つで、扱いもまったく異なってくるのです。

とても響いた言葉でしたのでご紹介させていただきます。


ゲッターズ飯田さんに教えて頂いたしあわせ言葉

安い服や安い食べ物は良いけれど

扱いが良くなりたい
生活レベルを上げたいならば

着るものと食べるものは
少しずつで良いのでレベルを上げた方がいい

見栄の張り過ぎは良くないけれど

見栄は張った方が自分にとっても良い方向に進んでくる

今の日本には、様々なクラスの服や食べ物が溢れかえっています。

節約するのも良いですが、節約のしすぎと言うのは考えものです。

例えば、食べ物で考えていくと、安い食べ物というのは体を壊しもそして、安い食べ物を食べ続ける事は、周りの人たちからの扱いも悪くなってしまうと言うことにもつながります。

ある程度の年齢になってきたら、それなりのレストランにも足を運んでみるべきです。

突然それなりのレストランに出かけていっても、それ相応の態度をとることができません。

普段からそのようなレストラン等に慣れておくことで、どう振る舞えばいいのかも身に付けることができるのです。

また服装に関しても、年齢に応じてそれなりのものを身に付けていかなければなりません。

スーパーで買ったような服を身に付けていると、それなりの扱いを受けることができません。

またそれなりの人だと思われてしまうのです。

残念ながら、人と言うのは見かけで判断されてしまいます。

ビジネスの場では、特にそうなのです。

それが世の中の常なので仕方がありません。

年齢とともに少しずつ、食べ物と服装に関してはレベル上げていくべきだとゲッターズ飯田さんは言われています。


少しの見栄は人生を良くしてくれるということ

見栄の張りすぎは良くありませんけど、実は張ったほうが自分の人生を良くしていてくれるものなのです。

またそれなりの空間に慣れておくことで自分自身それなりの空間に行くこともできるのです。

すべての人生と言うのは、自分自身が作っていくものです。

食べ物と身に付ける物等に関しては、年相応に気をつけていくべきでしょう。