本当に偉い人と言うのは自ら進んで頭を下げられる人だという事

本当に偉い人と言うのは自ら進んで頭を下げられる人だという事

ゲッターズ飯田さんの言葉で、本当に偉い人は頭を下げるということについての言葉があります。

いろいろ私の周りにも本当に偉い方がいらっしゃいますが、本当にそうなのです。

ゲッターズ飯田さんの幸せ言葉をご紹介いたしさせていただきます。


ゲッターズ飯田さんに教えて頂いたしあわせ言葉

本当に偉い人は頭を下げること
お願いをすること
お礼を言う事
感謝する事を知っている

偽物の偉い人は
単純に偉そうなだけで
頭を下げられないし
お願いもできない
感謝する事を知らない

お金は縁の切れ目と言うけれど
(本当は違う意味なんですが)

本当に偉い人はお金で縁を繋いでいるわけではないから
立場や状況が変わっても
また復活する事ができたり
協力してくれる人や味方は簡単に集まる

本当に偉い人、偽物の偉い人と言うのは、実際にいらっしゃいます。

ここ最近は、私も簡単に見分けがつくようになりました。

偽物の偉い人と言うのは、人が何かをしてくれたことに対して感謝もしませんし、絶対に頭を下げません。

そして、人のことを簡単に馬鹿にしたり、上から目線でものを言ったりします。

周囲の人たちからすれば、限りなく不快なことですよね。

そして、周囲にいる人たちは、本当の偉い人と偽物の偉い人は見分けられるものなのです。


本当の偉い人は感謝の気持ちを持っているという事

本当の偉い人は、必ずお礼を言いますし、感謝をすると言う気持ちを持っています。

そして、絶対に頭を下げるのです。

どんな人でもどんなときでも、偉い人と言うのはこちらが恐縮してしまうくらい頭を下げます。

ほんのささいなことに対しても、頭を下げます。

そして、絶対に人のことを馬鹿にしたり上から目線で話をしたりしないのです。

そのため、周囲にいる人たちも本当についてきます。

人に慕われない限り、本当に偉い人のポジションにはつけないのです。

本当に偉い人の周りには、いろんな人たちがたくさんいます。

その人のために何かしたいと思う方々がたくさんいるのです。

成功は協力してくれる人や味方になってくれる人がいない限り、できないものです。

本当に偉い人というのはいろいろなチャンスをつかめることができる人なんだとゲッターズ飯田さんが言われてる意味を、本当に偉い人を見ていると理解することができます。

目指さなければいけないのは、本当の偉い人ですよね。

感謝の気持ちと頭を下げると言うこと、お願いができるという事は忘れてはいけないということですね。

ゲッターズ飯田さんには、生きていく中でいろいろと重要なことを教えていただいてます。