ゲッターズ飯田の言う「幸運期」についての深いお話

ゲッターズ飯田の言う「幸運期」についての深いお話

ゲッターズ飯田さんの言葉で、幸運期とは宿題を終わらせた後のご褒美の時期だと言う言葉があります。

とても身にしみた言葉でしたので、ご紹介させていただきます。


ゲッターズ飯田さんに教えて頂いたしあわせ言葉

「運が悪い」などの多くは思い込みで

その多くは

自分が未熟

自分が勉強不足

自分の対応力のなさ

これまでサボってしまった結果

だったりする

「運が悪い」のではなく

自分の弱点や欠点が表面に出て

自分への宿題が出ているだけ

その課題をどうやってクリアーしていく事が大切で

それは「運が悪いわけではない」

己のできない事を知れると言う事はとてもいいこと

自分の弱い部分がでると言う事は

まだやる事が一杯あるということ

生きがいを見つけられるという意味でもある

人には、良い運気の時期と悪い運気の時期があります。

バイオリズムがあるため、このような良い時期悪い時期が出てきたりします。

ゲッターズ飯田さんが言われるには、運が悪い時期というのは思い込みで、例えば未熟さだったり例えば勉強不足だったり、色々とサボってしまった結果運が悪くなってしまうと言う事のようですね。

自分の弱い部分等が表に出ているのが、運が悪い時期でありそして自分への宿題が出ている時期だと言われてました。

ちょうど今私は、運が悪い時期に差し掛かっています。

今年2016年は、私にとってあまり運気の良くない時期なのですが、自分への宿題が出ているだけと考えることで、とても気持ち的に楽になりました。

この課題をどうやったらクリアする事が出来るかを考えていく事はとても楽しいことです。

昔学生の頃は宿題なんてあまり好きじゃありませんでしたが、今は違います。

この宿題をクリアすれば、良い時期がやってくると思うとがんばらなきゃと言う気になります(*’ω’*)

まだ今の私にはやることがいっぱいあるんだということを教えていただきました。


運がいい時期と言うのは運が悪い時期に行った宿題の結果

運がいい時期と言うのは、運が悪い時期に行った宿題の結果だったんですね。

そのように考えると、とても納得がいきます。

そして人生楽しいと考えられるようになるのではないでしょうか?

ゲッターズ飯田さんのおかげで、人生毎日を楽しく生きることができています。

もっと毎日を楽しく生きていきたいと言う方には、ゲッターズ飯田さんの言葉は大変お勧めです。