嫌われたらどうしようという考えは時間の無駄なんだという事

ゲッターで飯田さんの言葉で、嫌われたらどうしようと思う事は、時間の無駄だと言う言葉があります。

私は、そんなゲッターズ飯田さんの言葉を知ってからは、あまり嫌われたらどうしようと言うことに意識を傾けなくなりました。

そんなゲッターズ飯田さんの幸せ言葉を、ご紹介させていただきます。


ゲッターズ飯田さんに教えて頂いたしあわせ言葉

嫌われるかもしれない
と思うなら
好かれるかもしれない方をもっと考えればいい

嫌われないように生きるよりも
好かれるように生きた方が好かれるもので

どうしたら好きな人に好かれるのか
子供の頃は照れがあるけれど
大人になればそんな事は次第に減って来る

どうしても人は、誰かから嫌われたらどうしようと言う感情で動いてしまいがちです。

そのため、嫌われないように生きる方を好む人も結構いらっしゃいます。

おそらく、子供の頃からの習慣なのでしょう。

学校のクラスで嫌われたら、大変でしたよね?

嫌われないようにするにはどうすれば良いのか、おのずと考えて過ごすようになっているのかもしれません。


嫌われないように生きるよりも好かれるように生きること

しかしながら、嫌われないように生きるよりも好かれるように生きた方が人は好かれるものです。

嫌われないように人の顔色ばかり伺って過ごしている人と言うのは、なんとなく近寄りがたいですよね。

こちらも気を遣ってしまったりしませんか?

人に気を遣わせてしまうようではナンセンスです。

どうしたら好きな人に好かれるか、好かれるように生きることを考えていったほうが得策なのではないでしょうか?

私もゲッターズ飯田さんの好かれるように生きる方を選択すると言う言葉を知ってからは、嫌われないようにではなく好かれるように行けるようになりました。

なかなか難しいことですが、基本的に自分が好きだと思った人は相手も好きだと思ってくれるものです。

そのため、多くの人たちに好かれるように生きるためには、まず最初に自分が好きだと思うことが重要なことなのです。

嫌われないようにではなく、自ら主体で好きになっていくということですね。

より良い人間関係を作っていく上では、とても重要なことです。

なかなか難しいことかもしれませんが、嫌われないようにと言う思考を好かれるようにと言う思考に変えていくことで、色々と良い人生が送っていく送れるようになるはずです。

ゲッターズ飯田さんの幸せ言葉は、人生をより良い人生にしてくれるものです。