占いとは過去のデーターから教えてくれるものなんだという事

ゲッターズ飯田さんの、占いに関する考え方は大好きです。

占いとは、過去のデータが教えてくれるものとゲッターズ飯田さんは言われています。

そんなゲッターズ飯田さんの占いに対する幸せ言葉を、ご紹介させていただきます。


ゲッターズ飯田さんに教えて頂いたしあわせ言葉

そこに「占い」があった
占いと言う過去からのデータに

なぜ悪いのか
なぜ良くならないのかが
書かれている事に驚く

原因が解り
納得する事で心が楽になり
前に進み始められる

なぜかが解れば
対応ができる
どう生きればいいか
ヒントが占いという過去からの情報が示してくれる

ゲッターズ飯田さんは「占いとは、過去のデータから教えてくれるものだ」と常に言われています。

いろいろと、疑問に思うことが多々出てくるはずです。

そんな時に、ヒントをいろいろな占いのデータから導き出すことができるんだそうです。

人は、前に進みたいけど進めない時というのがあります。

どういうことかというと、どうしても今の状況に納得できないため、進んでいいのか今の場所にとどまったほうがいいのか判断つかなくなってしまうためです。

自分自身で決められないのなら、第三者の意見を参照すると言うのもありです。

決められないまま、時間ばかりが過ぎて行ってしまうのが一番無駄なのです。

もちろん、第三者の意見を参照した後は必ず自分で決めなければなりません。


占いを利用する事で前に進むきっかけを得られるという事

占いを利用することで、前に進むきっかけとなることができる方が大勢いらっしゃるのです。

占いと言うのは、過去のデータから導き出された答えです。

いろいろな選択肢を与えてくれるものでもあります。

たまに占いに依存される方もいらっしゃいますが、単なる依存は、1番してはいけないことなのです。

占いに依存される方と言うのは、単純に占い事態に依存されてる方が多いものです。

占いだったり、占い師の方だったりに依存した所で、何の解決にもなりません。

困ったときに、どう進んでいいかわからないときに占いを利用して行くことであなたの人生は前に進むことも、良い方向に進むこともできるようになるはずです。

単なる占いだけではなく、幸せになるための行動のヒントを頂ことができるので、ゲッターズ飯田さんの幸せ言葉はかなりお勧めです(*´▽`*)