「過去への不満」と「過去への自慢」は人生で不要だという事

「過去への不満」と「過去への自慢」は人生で不要だという事

ゲッターズ飯田さんのお言葉で、過去への不満と自慢話についてのお言葉があります。

あなたは、過去の事をどう考えますか?

過去に戻れたらと思ってしまうタイプですか?私はそういうタイプでした。

それではダメなんだと気づかせて頂けたゲッターズ飯田さんのお言葉をご紹介していきます。


ゲッターズ飯田さんに教えて頂いたしあわせ言葉

過ぎてしまった事を考えても

仕方がない

たとえもう一度できたとしても

反省が活かせるとは限らない

もう一度戻る事が出来ないから

それはそれでおしまい

ただ
その反省をどう次に活かすかが重要で

タイムマシーンができて

もう一度戻れても

もっと最悪なことになるかも知れない

同じことになるかも知れない

そんなことはやってみないと分からないし

なってみないと分からないもので

過ぎたこと

終わった事は

それまででいい

「それが最高だった」

「それ以上はなかった」

そうきっぱり諦めて

今ある

面白いことや

楽しい事

自分の幸せを見つけるようにした方が

健全でいいし

そんな人のところに

運も集まるもの

過ぎてしまった過去の事って、結構考えてしまいませんか?

不思議なんですけど、過去の事って、あの時こうしていれば…。と結構考えてしまうんです。

ゲッターズ飯田さんが言われるには、過去に戻れたとしても、成功するとは限らない。もしかしたら、もっと悪い方向に行ってしまう場合もある。と。

確かにそうですよね。

いくら過去に戻れたからと言って、うまく物事が運ぶとは限らないですよね。

だったら、その反省を生かして次に進んだ方がずっといいんですよね。

戻れない過去の事を考えても、何も変わらないという事を知りました。


自慢話は成長を邪魔する

過去の栄光を自慢する方って結構いらっしゃいませんか?

そういう方と言うのは、過去がその人にとって一番良い時期だったという事になりますよね。

過去ばかり見てると、成長しないという事にも繋がってきます。

自慢が出てしまう時点で、その方はそこで満足してる訳ですから、それ以上成長はないんですね。

確かにそうですよね…。

自慢をせずに謙虚に生きていくことで、どんどん成功に繋がっていくという事を知りました。

今を精一杯頑張り、その中で幸せを見つけ、その中で目標を見つけていく事で、どんどん人は成長して行けるのではないでしょうか?

ゲッターズ飯田さんが言われるように、過去への執着も過去への自慢も無くす事で、人はどんどん成長していくことが出来るんですね。

ゲッターズ飯田さんには、いつも素敵な言葉を頂いています。

素敵な人生を歩むために必要なことをたくさん教えて頂いてます。

そんなゲッターズ飯田さんの言葉は、毎日スマホアプリのゲッターズ飯田流から頂くことができます(*´▽`*)