文句を言う前にまずするべき事は自分自身を受け入れるという事

文句を言う前にまずするべき事は自分自身を受け入れるという事

ゲッターズ飯田さんの幸せ言葉で、文句を言う前に自分自身を受け入れることと言う意味の言葉があります。

うまく行かない事などがあると、ついつい文句って言ってしまったりしませんか?

素敵な言葉なので、ご紹介させていただきます。


ゲッターズ飯田さんに教えて頂いたしあわせ言葉

文句を言う前に批判精神を持つ前に
腐る前に
「自分はそんなに頑張らなかったから仕方がない」
当たり前だから
あるいみ開き直りも必要だから

頑張らなかった人や忍耐強くなかったり
先を考えない人が苦労したり
責任を背負わない人が
責任を背負っている人よりは偉くはならないから

受け入れて開き直った方が良い事が多い
「自分馬鹿なんですよ」と
馬鹿は馬鹿にされていた方が気楽でいい

せめて頑張っている人
辛抱している人
努力した人の
批判や足を引っ張るような事はしない方がいい

あなたは、何かしらに対して文句を言うタイプですか?

批判したくなるタイプですか?

もしそのようなタイプでしたら、いちど考え直してみてください。

あなたはそのことに対して、最大限の努力をしましたか?

頑張ってもできなくて、文句を言いたくなる気持ちもわかります。

でも、成功している人と言うのはあなたよりもおそらく何倍も頑張ってきている人なのです。

何倍も努力してきている人なのです。

そのような人たちの文句を言ったり、批判したりするのはおかしいですよね?

あなたの知らない所で、何倍も何十倍も頑張ってきているかもしれないのですから…。


人の文句を言う人とは?

生きていると、人の文句を言うような方、批判する方に出会うことってあります。

自分はできないから人の文句を言う、人の足を引っ張るようなことをする。

どうしてこのような方々がいるのかまずは考えてみて、反面教師にしていけると良いですね。

自分はそんな人にはならないと、反面教師にするのです。

頑張ってもできないことって誰にでもあります。

人には向き不向きと言うものがあるためです。

頑張ってみてもできないときには、その件に関しては開き直りも必要です。

文句を言う前に、批判する前に開き直ってしまえば、そのような気持ちも起こらなくなるはずです。

「どうしてできないんだろう」といろいろ考えることも重要ですが、最大限努力してできない事は、あなたにもいけないことなのかもしれません。

だったら、できることに注力して行った方が、ドンドン伸ばすことができますよね?